フラット35の審査は厳しいの?

フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来た新しいタイプの住宅ローンです。
一般的な住宅ローンの変動金利と固定金利の良さを合わせた様なローンで、35年間低金利で住宅ローンの支払いをする事が出来ます。
2014.
7月現在のフラット35の金利は、なんと1.
769%といった低さです。
これは変動金利とほぼ変わりない金利ですよね。
これが審査が通れば、35年間変わらずにいられるのです。
ただ、フラット35や一般的な住宅ローンは、審査が厳しいと言われています。
ですから審査に落ちる方も多いです。
これは貸す側の銀行からしてみれば、厳しくせざるお負えないと理由があります。
やはり、何千万と言う大金を最長35年という長い間貸すわけですから、それなりに信用性がないと貸せないですよね。
信用性という事で、審査には年収と勤続年数がおおいに関わってきます。