ETCカードICチップを汚してしまったら?

ETCカードを、ETC車載器に差し込んだのに認識できないという時、一番多い原因はICチップの汚れだと言われています。
ETCカードのICカード部分が汚れていると、カードの情報が読み取れず、エラーが発生してしまうのです。
ICチップの汚れを綺麗にすることで、再認識できる場合があるので、汚れていると思ったら傷をつけないように優しく拭き取ってあげましょう。
また、ETCカードを長期間利用していると、ICチップ部分が参加して曇ったり、カード挿入時のこすれによる傷が入ってしまう場合もあります。
もし、このような原因でETCカードが認識できなくなった場合は、カード会社のカスタマーセンターに連絡し、新しいカードを再発行してもらうようにしましょう。
http://www.solarisgrille.com/etc/