住宅ローン減税のメリットとは?

一生に一度の買い物として住宅をローンで購入する人は毎月をピリピリと気を張り詰めて生活しているのが常であり、特に年末調整の時期になると所得税をどれだけ払うのかが明確になるので余計にそわそわするものです。
その上2014年4月以降からは消費税が8パーセントに引き上げられるということですから、ローン負担も増えてしまうので頭痛のタネが増えると心配している家庭も少なくないでしょう。
ただ、政府のほうも単に消費税を増税しておくだけというのでは、不景気がぶり返してきて税収減になって財政運営が大変になるため、減税措置をとることにしています。
現在は入居から10年間は、納税額以上の返金はないものの納税額から年間最大で20万円が返ってくるのです。
増税後は最大で40万円減税されることが住宅ローン関連において減税措置として決まっていて、この措置により、所得税額が減っていくらかは家庭の負担が少なくなるから、精神的安らかさが年度末に得られます。
住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】