住宅ローンの団体信用生命保険とは?

住宅ローンの申し込みには、「団体信用生命保険」への加入が必須で、ローンの返済途中で保険契約者が死亡、もしくは高度障害になった場合には、本人に代わって生命保険会社がローン残高を支払ってくれます。
この保険に加入していなければ、家族が保険契約者に変わってローンを支払い続けなければならなくなります。
団体信用生命保険は掛け金が安く、加入時の年齢による保険料の違いなどはありません。
しかも、保険料は金利に含まれているので、毎月保険料の支払いをする必要がありません。
ただ、これにも審査があって、健康状態が悪い場合には、保険に入れない場合があります。
団体信用生命保険の審査に落ちると、住宅ローンが組めなくなりますが、「フラット35」では加入が任意となっています。